おもしろ

為替市場を読む

為替市場を読む

(公開: 2014年8月28日 (木)

「スプレッド」とはFX投資は外貨を取引して収益を生み出す投資です。

値段は、変化しています。

これが為替市場です。

テレビのニュースをみていると、通貨のレートのニュースが流れることがあります。

 

見かけるのが、「今のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事を表しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

 

要するに、売買には買いと売りの2つの価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表している取引会社もあったりします。

 

普段は売値が安い価格になっています。

投資家が買うときには高く、売るときには安くなるのです。

その差分をスプレッドといい取引業者の収益となっています。

スプレッドの広さは業者によって変わります。

 

スプレッド幅は自分にとって経費になるので小さいFX業者を選んだほうが得です。

 

ただし、同じFX取引会社でも状況によってスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

仮定として普段は円とドルの組合せで1銭のスプレッドの差であるとしても市場の上下がかなり大きい状況では1銭よりも大きくなる事があります。

ですから、スプレッド幅が狭いのと共に変化しない事が肝心です。

今では固定したスプレッド幅を見せるFX会社も数多く存在します。

 

リアルに取引業者の取引画面内でリアルな市場を確かめなければ見分けられないのでやっかいですが、重要な事です。

多くの財産を賭けて注文しますので、本物の注文の前に関心がある業者の取引口座開設を試して、示されているスプレッドの広さをチェックしましょう。

同じ通貨でもその瞬間の為替相場の状態によって、外貨のスプレッドは異なることがあります。

一般的には、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが小さく、その他の外貨ではスプレッド幅が拡大する事がよくあります。